ネスカフェドルチェグスト

親の接し方大切!低身長化を招く深刻なストレスから子供を守るには?

低身長の原因は運動、睡眠、食事が大きな柱として挙げられますが、それ以上に重要なのは、精神面、できるだけストレスを抑えることです。

 

ここでは、ストレスがどのように子供の身長に影響を与えるか、現代の子供が抱えるストレスの問題を取り上げ、親として子供のストレスを和らげる方法をご紹介します。

 

子供が大きくなるには、健康面より栄養面よりも精神面が重要

子供は運動させ、よい睡眠をとらせ、バランスの良い食事をとらせれば大きくなるのでしょうか。実はこれだけでは最も大切なものが欠けてしまっています。

 

それは精神面の安定です。つまり、過剰なストレスを感じることなく、毎日楽しく生活することです。多くの専門医が「それが何よりも大切」と断言しています。

 

脳下垂体で分泌される身長を伸ばす成長ホルモンの働きは、ストレスに大きな影響を受けます。実際にそうした症例は少なくないのです。

 

愛情を与えられないため、背が伸びない「愛情遮断症候群」とは?

「愛情遮断症候群」とは、親の愛情が十分に得られないため、それがストレスとなり、身長が伸び悩むというものです。

 

虐待はもちろんのこと、夫婦げんか、離婚、兄弟間での差別などが「愛情遮断症候群」を引き起こす要因になります。

 

医師としても家庭の状況を把握することは難しいことですが、愛情遮断症候群の子供の場合、入院させてみるとその期間は身長が伸び、自宅に戻すとまた身長が伸びなくなることもあるとのことです。

 

ストレスによって思春期が早くきてしまう!?

身長の伸びについて最も気をつけるべきなのは、思春期です。思春期になると性腺ホルモンが分泌されるようになり、身長の伸びのスパークが開始され、それが終わると身長はほとんど伸びなくなります。

 

つまり、思春期が通常よりも早い時期に、まだ身長が低い時期に訪れた場合、最終的な身長が低く抑えれてしまうことがあるのです。

 

思春期の到来は平均では男の子が11歳半、女の子が10歳ですが、男の子で9歳未満、女の子では7歳未満で思春期が到来した場合、「思春期早発症」と呼ばれ、治療の対象になります。

 

「思春期早発症」は、専門医にかかり、骨年齢を測定しないと分かりませんが、男の子で9歳以下に、女の子で7歳以下に急にぐんぐん身長が伸びだした場合は注意が必要です。

 

こうした早く思春期がきてしまう症状も「愛情遮断症候群」とも少なからず関わりがあります。

 

子供が子供でいられるのは、親の愛情という庇護の下にいる安心感があればこそ。それが得られないと感じている子供は、自らの身を守るために早く大人なろうとするので、思春期が早く訪れてしまうこともあるのです。

 

親との関係が鍵!現代の子供を脅かすストレス

現代日本は「ストレス社会」と言いますが、本来ストレスとは無縁であるべきの子供にとってもそれは同様です。むしろ、親という環境の下でしか生きられない子供だからこそ、それはなおのことなのかもしれません。

両親の夫婦げんか、離婚、再婚は子供の成長には有害

内分泌代謝の専門家である立花克彦医師によると、このような症例もあります。実際に3歳くらいの女の子の症例で今まで普通に走れていたのに、何も異常がないのに突然歩けなくなったとか。

 

この子の両親は当時夫婦げんかが多かったのですが、彼女に両親が仲の良いところを見せたところ、歩けるようになったそうです。その他に、額田成医師は、両親の離婚、再婚が身長の伸びに影響した事例も取り上げています。

 

日本でも離婚率は「1.77」、「2.9組に1組」が離婚する状況ですが、子供にとっては両親の仲はこんなにも重大事であり、不仲であれば成長にも影響を及ぼすほど心を痛めることがあることを親として忘れないようにしなくてはいけません。

 

虐待だけではなく、過干渉、過保護も大きなストレス

虐待は当然ストレスですが、少子化が進む日本では過干渉、過保護も大きな問題です。過干渉、過保護は子供を大切に思えばこそ。

 

しかし、子供が自ら動く前になんでもかんでも手をかしたり、危ないからやめなさいと制限したりすることは、親が思う通りに子供を動かすことで、支配することです。

 

ただでさえ現代の子供の環境はあきらかに自由がありません。「サザエさん」のタラちゃんは未就園児のようですが、近所なら自由に三輪車に乗って1人で遊びに行っています。

 

ところが、今は幼稚園児ですら1人で遊びに行かせるというほうがまれです。そして、もっと大きくなると、学校の後は習い事に忙しくなります。

 

つまり、現代の子供はほとんど親や先生の目が届くところにいて、そのまま大人になるケースも少なくないのです。

 

この自由のなさ、あまりにも過剰な管理をストレスに感じる子供がいてもおかしくないでしょう。

 

子供はうるさくて邪魔!現代日本は子供に不寛容?

自分の親からのチェックばかりではなく、子供に対して世間の目は厳しいものがあります。少子化に伴って、子育て経験のない人も増えており、自分に子供がいても孫がいない老人も増えてきました。

 

自分が子供に関わりがなければ子供に対して「お互いさま」という意識はないのですから、ただ迷惑をかけられているだけだと不快に思うのも仕方のない面もあります。

 

また、メディアの発達により、一昔前ではニュースになり得ないような、「ベビーカーが邪魔」だとか、「飛行機で子供の泣き声は迷惑」といったことが、大事件のようにとり挙げられるようになりました。

 

真面目な親であればあるほど、他人様に迷惑をかけないようと、子供をなんとかしつけようとしますので、それが過干渉となってしまうこともあるでしょう。

 

親のストレスは子供のストレス?

子供は親の気持ちにはとても敏感です。子供は親が大好きで、親に愛されたい、好かれたいといつでも思っています。

 

さからこそ、子供の身長の伸びが悪いと母親が気に病んで暗い顔をしていると、子供は落ち込んでしまうでしょう。子供に関係のない仕事や人間関係のストレスで親が悩んでいても、子供は親の暗い顔を見て不安になるものです。

 

我々大人のストレスが多いということが、子供のストレスを増やしている一因と言えるかもしれません。

 

親として子供のストレスを和らげるためにできることは?

子供にとって親とは環境そのものであり、与える影響は大です。逆に言えば、親の接し方、育て方次第で子供のストレスを軽減させ、のびのび大きく育つ助けになるでしょう。ここでは、親ができる7つの対策を取り上げます。

 

言葉以上に愛情を伝えるのはスキンシップ

幼児なら日本人でも抱っこしたり、キスしたりすると思いますが、小学生になった子供でも特別褒められるようなことしたときでなくても、ときにはスキンシップで「大好きだよ」を伝えましょう。子供だけではなく、親にとっても心が満たされ、ストレス解消になります。

 

我が子を大切な友だちのように尊重する

我が子だからこそ、「こうあってほしい」「こうあるべき」という気持ちが働き、常に命令口調になっていたり、子供の意思を無視したりしまいがち。しかし、我が子とて1人の人間です。大切な友だちにそうするように、その意思を尊重し、丁寧に接すよう心がけましょう。

 

自宅ではゆったりとすごさせる

大人にとっても子供にとっても自宅は外でも疲れを癒し、安全でゆったりとくつろげる場所であったほしいもの。清潔で居心地が良くするだけではなく、お母さんもお父さんもできるだけ笑顔でいましょう。

 

子供と一緒に遊ぶ、話をする時間をもつ

同じ空間にいるだけではなく、一緒に遊び、話をすることで人間関係は深まりますし、子供にとってはなによりもストレス解消です。

 

子供に自由な時間を意識して与える

現在早期教育は大人気。幼稚園児であっても、毎日のように習い事で休み無しという子供もいます。

 

例え子供がやりたいと言ったからやらせているとしても、やはり親がやらせないかぎり子供は習い事ばかりできるわけありません。何かを習い覚えるということは、子供なりに緊張もすれば、気を遣いますし、疲れます。意識して息抜きする時間もあげましょう。

 

自分のストレスを無くす努力をする

自分がイライラしているとき、何かを心配しているとき、実際にそうした感情を押し殺して子供に優しく接するのは簡単ではありません。親自身も子供のために、ストレス解消しましょう。

 

夫婦関係を見直す

夫婦関係は子供にとってとても重要です。親も人間ですので、いつも仲良くというわけにいかないときもありますが、「子はかすがい」。そんなときこそ、可愛い子供の健やかな成長のことを思って、仲直りするよう歩み寄りたいものです。

 

子供が笑顔でいられる環境は親が整える

子供自身にも個性があり、ストレスを感じやすい子、感じにくい子もいます。しかし、親に影響を受けない子供というのはいません。

 

親が子供にとって環境といっても良いでしょう。今目の前にいる子供が笑顔でいられるようにすること、それが将来子供の身長を伸びる助けにも、幸せになる助けになるのです。

 

ネスカフェドルチェグスト評判